ドッグフードのおすすめの選び方は

一緒にいると楽しい気持ちになれるのが愛犬ですが、飼い主として責任持って面倒を見なければなりません。近所迷惑にならないようにしつけをすることはもちろんのこと、予防接種を受けさせる義務も怠らないようにしたいところです。愛犬の健康状態を維持する基本中の基本が食事です。おすすめの食事は安心して与えることができる、市販のドッグフードでしょう。市販品はその犬にとって最適な栄養バランスで様々な食材を配合して作られていますから、むやみに人と同じ食事を与えるよりも、健康を損なうリスクの少ない食生活を維持できるメリットがあります。とはいえ、市販品ならば何を与えても良いわけではありません。適切な選び方によって、愛犬がいつまでも健康的に生きられるようなるでしょう。

愛犬のサイズによって選び方を決める

市販品の選び方で重要になってくるのが、愛犬のサイズになります。小型犬と大型犬では食事量や内容が異なってきますから、小型犬に大型犬用のドッグフードを与えるのはやめましょう。この逆も同じように考えます。それぞれの犬のサイズに合わせて、1回に与える量のカロリーや栄養素が上手く調整されていますので、難しく考えなくても楽に健康的な食事を与えられるのが、犬のサイズによって市販品を使い分けるメリットです。犬種によっておおよそのサイズが決まってくるものの、個体差がありますから、実際の体重で最適な市販品を選ぶのがおすすめです。一般的に3キロ程度なら超小型犬に分類され、10~12キロなら小型犬、25キロくらいまでなら中型犬になり、40キロ程度になると大型犬の目安になってきます。

タンパク質が豊富な市販品がおすすめ

人間の食事で最も必要な栄養素は炭水化物です。ご飯やパン、パスタといった穀物が主食になります。愛犬の食事も同じように考えてしまいがちですが、犬は人間とは違って肉食の動物ですので、穀物ばかりを与えるのは良くありません。ドッグフードを選ぶ際には、動物性タンパク質をたっぷりと含んだ市販品にしましょう。タンパク質ばかりを摂取させると栄養バランスが偏り心配になってきますが、元々人間とは違ってタンパク質に偏った食事内容が適切な動物ですから、気にする必要はありません。同じタンパク質でも植物性は犬との相性が悪く、胃腸の調子を悪くする危険がありますので、控えるようにしてください。添加物のチェックも重要ですが、品質を保持してくれる大切な機能を持ちますので、神経質になってむやみに避ける必要はないでしょう。

商品クチコミ件数2万件以上!こだわり飼い主さんが選ぶサイト 毎月11日(わんわん)22日(にゃんにゃん)の日はわくわくポイント5倍デーを実施中! 安心安全なプレミアムフードだけで厳選したこだわりのドッグフードとキャットフードを揃えました ペピイではじめてご購入されるお客様は、お買い上げ金額に関わらず送料無料! ドッグフードも美味しいものが一番!