おすすめのドッグフードを解説します

近年大切な家族の一員である愛犬の食べ物にこだわりたいという方も増えており、ドッグフードの成分にこだわる方が増えてきています。パッケージに原材料が表示されていますが、記載されている物の中には犬にとって危険な成分も配合されている場合があります。まず購入時に確認したいのは保存料や着色料、酸化防止剤といった化学添加物です。これらの成分が含まれているものは愛犬の健康を損ねる可能性があるため、出来るだけ避けるようにしましょう。科学添加物だけでなく副産物やミール粉といった記載があるものも販売されていますが、これらは人間が食べることの出来ない肉をレンダリングしたもののため、購入を避けるようにしましょう。また食塩が入っているものは犬にとって味や香りがよく食いつきも良いですが、取り過ぎは健康を損ねる可能性があるため含まれていないものを選びましょう。

犬の大きさに合わせて適したものを選ぶ

ドッグフードを選ぶポイントとして愛犬の大きさに合ったものを選ぶということがあります。犬には小型・中型・大型と3タイプに分れその大きさによって必要な栄養やカロリーが決められています。そのため購入前に愛犬がどの大きさのタイプなのかしっかりと把握しておくことが大切です。小型犬向けのものは比較的カロリーが高めに作られていて、食べむらを予防するためにも食いつきやすい原料を使用しているものが多くなっています。中型犬は運動量が多く活発な種類が多いため、運動に適した筋肉を維持するためにバランスの取れたものが多く、肥満防止も考慮されているものが多いのが特徴的です。大型犬はその大きな体を支えるために関節や心臓にも負担がかかりやすく、それらをサポートする栄養素や胃に優しい成分で作られているものが多くなっています。

成長に合わせて種類を変えていく

犬も人間と同じで歳をとると運動量や基礎代謝が低下するため、ドッグフードも成長に合わせて種類を変えていく必要があります。生後6ヶ月までの子犬向け、1~7歳前後の成犬向け、6歳以上の老犬向けと大きくわけて3種類あるので、愛犬が現在どの成長段階なのか把握することが必要になります。間違えて子犬用のものを老犬に与えてしまうとカロリーオーバーになり、その反対に老犬のものを子犬に与えてしますと栄養が不足してしまう可能性があります。愛犬の大きさや成長段階に合わせて適切な種類を与えることで、より健やかに愛犬が成長していくことが出来るでしょう。また、人間と同じように犬も食物アレルギーを持っている場合があります。食物アレルギーは下痢や嘔吐、かゆみといった症状が愛犬に現れた場合は違う種類のものに変えるようにしましょう。